羽ばたけトリ先輩

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で心理学を学んで人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものを書いています。

今年秋ごろ発売の精子チェッカーが気になる

こんにちは。トリ先輩です。

今年の夏は想像していた以上に暑く、まだ7月が始まったばかりというのに、すでに会社に出勤したくなくなっております。(トリは屋外勤務)

このままでは焼き鳥になってしまう…。

 

休日くらいは冷房の効いた部屋でネットサーフィンでも。とパソコンを開いたら、気になる商品が。↓

trakfertility.com

こちらが商品。アメリカで今年10月販売が開始される予定の精子カウンター」です。

男性不妊

WHO(世界保健機構)の発表では、いわゆる不妊症の原因の約半数が男性に原因があるそうです。

不妊」とは、定期的な子づくりをし、特に避妊をしてないのに2年間妊娠が無い状態。を言うそうで、これで悩んでいる夫婦も多いそうです。

つまりは、僕自身「男性不妊」に悩む可能性があるということですね。

男性不妊の原因

男性不妊の原因として以下のものが挙げられます。

どれも恐ろしい名前です。よくもまぁこんな恐ろしい名前を思いつくもんです。

軽くネットで調べただけでも上記の4つが挙げられました。

そのうち3つに関しては精子を作る機能や精子そのものの障害が大きいようです。

EDは…これになったら落ち込みますね。。。。

 

そういえば、過去にみた医療系の雑誌か何かで「異常精子」のイラストが描かれてましたが、頭がやたらデカいやつだったり、頭が二股に分かれてたり、尻尾が短いものや無いものがあったり…どうしちまったんだ人類って感じです。

最近やたらと子供ができる

そんなトリ先輩も今年で29歳となり、周りの友人たちは家族を持ち子供がどんどん産まれて非常に幸せな中にいます。

いつかは自分の子供ができ、家族をもつ幸せなイメージ。実家のあの雰囲気を夢見るトリなワケですが、不妊という言葉を聞くと暗雲がかかるわけです。

そこで今回の「Trak」に興味が湧きました。

医療機関に頼らないカウント

Trakの特徴は大きく2つ。

医療機関に頼らずに、簡単に精子の数がカウントできる。

さらには、アプリによってその数の推移を管理できる。

ということです。

アプリと結果を同期するなんて、なんとも現代的と言いますか、本当に便利な世の中になりました。

男性としては第三者が関わるってのも、なかなか乗り気になれない問題なので、自分で確認できるってのは大きいですかね?

もし自分だったら、嫁さんと相談して決めたいもんです。

アプリで推移を確認、データを取ることで効率よく繁殖できる?生活習慣から改善が見込める?などが想像できます。

医療機関を通さないことで、コスト的にも良いですね。

ただ、最終的には専門のお医者さんにかかる必要があるのは確実ですが。

使い方

さて、トリ先輩は英語が全く読めないので、何を書いているのかさっぱりわかりませんが、イラストが乗っていたのでなんとなく解釈できました。

簡単に言うと3工程です。

  1. 中央の皿に自分の種をセット
  2. スイッチ・オン 遠心力でぶん回す
  3. カウントチェック

カウントチェックでは3つのレベルに分けれらていて15m/ml以下は少ない(LOW)

15~55は普通。55以上は最適な量って感じになるそうです。

これ、結果見るのすげぇ怖くない?機械止まった段階である程度視界に入るから、うぁ~少なくね!?とかなるんちゃう?

本体のほかに、取り換え用の皿が何枚かついているそうですので、親切なセットです。

購入

トリ先輩にはまだ嫁候補がいないので、慌てて購入するつもりはないですが、アメリカさんのHPから予約を開始しているようです。

販売は10月なので、あと3か月。予約後直ぐ届くって感じですかね?

価格は$159.99となっておりました。

5日10時の段階で1ドル:102.381円

ってことは、16.384円?あとはこれに運搬費なんかも込みで…アメリカから物買う時の運搬費ってなんぼ?

25.000円くらいあれば足りるかね?

高いか安いかは、使う人の感覚が大きいですね。

最後に~今日の金の卵~

さて、金の卵で何話そうか…。話題が話題だけ困りますね。

僕自、将来的に子供はほしい。不安があれば解決したい。

これで調べることで問題があったとき、受け入れられるんでしょうか?

もし結果アレだったら、嫁候補が見つかったときの足枷にならないだろうか?

色んな事を考えます。

「子供は天からの授け物」幸せな家庭を持ちたいと誰もが願いますが、自身に何かあったとき「家族の形」について、改めて考える時が来るかもしれません。