羽ばたけトリ先輩

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で行動心理学を学んでいて、人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものを書いています。

【アイテム】 コスパ最高!おすすめアクションカメラ

(2017年5月9日更新!)

ども。トリです。

沖縄県はGWの賑わいも落ち着き、少し梅雨の傾向が見られます。

まぁ沖縄の場合、どうせ海に入りますから雨にぬれようが問題は、さほど大きくないのですが、そうも言ってられないのが「カメラ」です。

 

最近の傾向を見てみると、沖縄県に旅行で来られる方の半数以上がデジタル一眼レフをお持ちでいらっしゃいます。

迫力のある撮影が可能ではありますが、荷物になりますし、雨が降るこれからの梅雨には少し向かないかもしれません。

そこで僕が購入した「チャイナ・アクションカメラ」をお勧めします。

 f:id:bluedol1120:20160802003230j:image

チャイナ・アクションカメラ「CamPark(キャンパーク)」

 今回紹介するのはこんな感じ。

チャイナ・アクションカメラというジャンルで人気が出ているこのカメラを、アマゾンにて購入してみました。

価格は¥10.000くらい

こちらは基本セット

予備バッテリー付きセット

 がっつり使いたい!って方には、最初から予備バッテリーが付いているセットもあります。トリはこちらを購入しました。

実際に届いた現物

f:id:bluedol1120:20160802003304j:image

今回は、これに合わせてmicroSDカードも購入。

f:id:bluedol1120:20160802003318j:image

価格はトータル¥13000ほどになりました。

思い切って64GBを購入したので、基本メモリー不足はありません。

 

 写真撮影が9999枚、動画は6時間ぶっ続けで撮影できます。そんな撮影しながら活動し続けたら死んでしまいますね。

恐らくこんなに撮影することはありませんが…笑

GoProと値段を比較した場合、最新モデルで5万ですから差額が恐ろしいことになりますね。

その差¥37.000

これだけの差額がありゃ、他のアクセサリーなんかも購入出来てるし、より快適なCamParkライフを送れること間違いなしでしょう。

GoProとの比較

アクションカメラの本家GoPro(ゴプロ)と比べてみましょう。

本家の利点は下記のような感じでしょうか?

  1.  小型で持ち運びやすい
  2. スタイリッシュなデザインで性別問わず
  3. 豊富なアクセサリーでシーンを選ばない
  4. 美しい発色と高画質
  5. 広角レンズ搭載
  6. Wi-Fi機能でスマホと連動

こんな感じでしょうか?

魅力的なポイント多いですね。消費者意識をくすぐる、紛れもない良物件。

しかしですよ?GoProの値段知ってますか?

ごく普通のGoProで3万、最新型だと5万円もします。

kakaku.com

趣味で買ったNikonの一眼レフカメラでもダブルズームのセットで4万円で購入できるのに、あのサイズ感で4、5万はさすがに高い買い物ではないでしょうか?

 CamParkの利点

さて、俗にいう類似品の利点はというと

  1. 1万円ほどで購入できる価格帯
  2. 市販のアクセサリーと互換性あり
  3. 小型で持ち運びやすい
  4. 安価なため使いつぶしても気にならない
  5. 意外と画質も良い
  6. Wi-Fi機能でスマホと連動

実際に使用した感じ、こう感じましたが知り合いのGoProを借りてみたら、撮影した画像の綺麗さは遥かに負けていました。

価格の差がここに出たようです。

比較した結果は、画質に大きな差があるものの、使用感はストレスなく問題なく楽しめる。

画像の編集やアップもスムーズで幅広いシーンで活躍を期待できる。

って感じですかね!

アプリで便利にCamPark

せっかくWi-Fiの機能もあるので、スマホでアプリをダウンロードしてより快適に撮影してみたいと思います。

ダウンロードするアプリは「Ez iCam(イージーアイカム)」

f:id:bluedol1120:20170509225356p:image

動画の編集まで同時にできる便利な無料アプリです。

最大で4台までデバイスを追加できるので、複数台お持ちの方にもおすすめ!

f:id:bluedol1120:20170509225411p:image

自撮り棒の先にCamParkを取り付けてWi-Fiで繋ぎ、手元のスマホで写真や動画の切り替えが簡単にできます。

 最後に~今日の金卵~

良いものが高いには理由がある。

でも、その「良い」ってあなたにとっては、結構「どうでも良い」ものかもしれません。

例えば「ブランド」であったり、プロ仕様のすごい機能だったり。。。

自分には合わないものに付加価値が付いているのであれば、それは決して「良いもの」とは呼べないのではないでしょうか?

人には「その人それぞれ合った良いもの」がきっとあるはず。

夏にキャンプや海水浴を予定している方は、ぜひ購入してはいかがでしょうか?

 

おすすめ関連記事

 

www.torisen-p.com

www.torisen-p.com