羽ばたけトリ先輩

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で行動心理学を学んでいてます。人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものや、雑記的な内容を書いています。

【アイテム】SIMフリー携帯 Priori3 LTE(FREETEL)

 快適なネット環境は沖縄の生活の必須ではないかとトリは考えます。

沖縄といえば「南国」や「ゆっくりした時間感覚」などのイメージが先行し、観光地としては非常に魅力的であり、実際にお仕事をリタイヤされた年配のご夫婦が多く、沖縄へ永住のために訪れます。

しかし、20代から働き盛りの方が住むには意外と不便なことも多く、筆者も沖縄県生活を9年として日々発生する「不便」に悩まされます。

沖縄の不便1「娯楽の少なさ」

沖縄生活で最初に感じた不便。それは娯楽の少なさです。

本州(沖縄では内地といいます)で見受けられる「アミューズメント施設」というものは沖縄にはありません。

あるのはショッピングモールが数件とイオンくらい。

もちろん海や山はあります。

でも、きれいな海も9年の歳月で慣れてしまい「よし!泳ぎに行こう!」とはならなくなります。

沖縄の不便2「交通手段」

沖縄県で目立つのは「車社会」です。電車が無く、バスの時刻表すら載っていない事もあり、基本は車での移動となります。

もちろん沖縄県自体そこまで大きくは有りませんので、限られた道路に多くの車が行き回、当然込み合います。

映画を見に行くだけでも片道1時間半はかかります。

沖縄の不便3「情報の遅延」

沖縄での雑誌購入などは内地に比べ遅くなります。

理由は、雑誌類が沖縄にやってくる際に空路や海路を使用するためです。

台風の多い沖縄では、ある時期になると雑誌の到着が当たり前のように遅れます。

ただでさえ週刊誌(ジャンプとか)も本来の発売日より1日遅れるのに…。

ネットの重要性

そこで、沖縄ではネットは不可欠。

こうしてブログを沖縄の端っこで書けるのもネット環境があるからです。

今日紹介したいのはSIMフリー携帯「Priori3」のデータ通信のみのSIMカードを使用です。

FREETEL Priori3S (マットブラック)

FREETEL Priori3S (マットブラック)

 

オススメポイントは3つ

  1. 最大¥2171の定額
  2. キャンペーン適応でネット基本料¥0
  3. 最大10GB使用

以前auのポケットWi-Fiを使用してました。

月額¥4000ほどかかって結構重荷となってましたが、今回のPriori3にすることで負担を50%抑えることになりました。

ちなみに回線はDoCoMoです。

 

ネットの基本料は¥299

こちらがキャンペーンで¥0になります。¥0って魅力的な数字。

 

最大10GBまで使用できるとのことで、普通に使用する分には問題なく思います。

ただ、動画やネットゲームなんかをする場合は心もとないでしょう。

もちろん光回線の方が快適でしょうが、筆者が住む場所がまだ対応しておらず、今後対応する予定もないそうです。

ネット環境の充実が今後の生活の質を左右しそうです…。

最後に~今日の金の卵~

常に新しい情報を取り入れるのにネットは不可欠。

気軽な料金で最大限に情報を収集するには、SIMフリーの格安スマホは当然の手段になりそうです。