羽ばたけトリ先輩

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で行動心理学を学んでいて、人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものを書いています。

スーパームーンを沖縄県で撮影した話

こんばんは。トリです。

気付けば日付も変わり、スーパームーンも終わってしまいました。

14日の22時50分ごろが最も大きな月だったそうで、今年2016年のスーパームーンは2014年、2015年のそれよりもさらにデカいという話でした。

もちろん、撮影技術の伴わない僕には、この美しい天体ショーを写真で表現できるわけもなく、自己満足の範囲で楽しみました。

news.yahoo.co.jp

Yahooのニュースで取り上げられた写真は非常に美しい月でしたが、僕の写真は普通の月でした。

望遠レンズを使った圧縮効果というテクニックだそうで、月が大きく見えるだとか。いつかスーパームーンをフレームに収めることが出来る男になりたいもんです。

f:id:bluedol1120:20161115004602j:plain

これが精いっぱい。

ピンぼけしてない?

何か比較できる物体を同時に写した方が、スーパー感が出るのでしょうか?

もちろん、撮影には三脚は必須でした。真上に出た月を取るのに、カメラも真上に向けたので、首に違和感が。。。かれこれ1時間ほど、月を見上げていました。

幸いにも沖縄は昨晩天気に恵まれ、少し雲がかかる程度に月が見えましたが、福岡の友人は一瞬雲の切れ間に月を覗いたのを最後に、雲に隠れたそうです。

headlines.yahoo.co.jp

もちろん、こんなヘボい写真だけではなく、素晴らしい写真も沖縄県で撮影されています。

沖縄タイムスにはこんなスーパームーン。

やっぱり比較物がほしいですね。次回の参考にします。

ちなみに今回の月は1948年68年ぶりの大きさだそうです。僕が生まれる40年も前にもこんな月が見れたんですね。

2017年はスーパームーンなし。2018年はあるけど普通のスーパームーンらしい。

最後に~今日の金の卵~ 

いつも見る月の姿と少し違っただけで、人の心は踊るわけです。

小さな変化を見逃さないひとになりたいですね。

 

関連記事

tori-senp.hatenablog.com