羽ばたけトリ先輩

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で行動心理学を学んでいて、人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものを書いています。

沖縄に住んでて知らなかった!首里城のライトアップ

こんばんは。

現在、夜中の1時を回ったところです。今帰宅ですよ…こうした夜は、いろいろ思うところが頭を過ります。

さて、今回は本州から来た友人との沖縄散策時に、友人から首里城に行きたいと言われたので、首里城について書こうと思います。

首里城とは

那覇市内の山の上に築かれた、琉球王国時代のお城です。

世界文化遺産にも登録されており、毎日 観光客で賑わいます。見た目は中国と日本を足した見た目。

守礼門などの観光名所なども、周辺に数多くあり、歴史的にも美術的にも素晴らしい場所です。

首里城公園 ‐ 琉球王国の栄華を物語る 世界遺産 首里城

当日の沖縄

友人が来た当日、天気は曇り。

日差しが時たま顔を出す感じですが、気温は「あ」っというまに上昇し、蒸し暑くなるそんな天気でした。詳細はこちら↓

 

tori-senp.hatenablog.com

 

首里城に向かった時刻は夕方18時を回ったころ。

車は北から南下する国道58号線は少し混んでいました。おそらく、仕事帰りの方と時間があったようです。

首里城の周辺は道が狭く、片側1車線が多いので車を進めるのは一苦労でした。

19時ごろの天気は、微かに雨が降る。頬に雨を少し感じる程度でしたが、昼間とは打って変わって、肌寒く感じます。

首里城に到着

首里城の周辺に到着したら、駐車場を探しますが

首里城自体が18時くらいまでしかやってませんので、周辺のコインパーキングを利用しました。

普通に走っていても何件か見つけれましたので、意外と便利かなと思ったんですが、結構高い。

1時間も止めていないのに300円ほど支払いました。(普通でしょうが痛いです)

 

駐車場から徒歩3分で首里城に行けると書かれたコインパーキングを利用し、徒歩15分かけて首里城の真下へ。

3分の壁はぶ厚すぎでした。

ライトアップ

18時から24時まで、首里城はライトアップされ その美しい姿がさらに引き立ちます。

全身を赤く染めた沖縄のシンボルは、高台から那覇市内を見下ろすわけです。歴史を感じます。

そして恥ずかしいことに僕は、この時初めて首里城の美しさに気付くわけです。沖縄に9年も住んでいて。

さて、徒歩15分かけて上った首里城の真ん前ですが、18時には閉まっているので、場内から首里城のライトアップはほぼ見れません。

まじかよ…。

また坂を下って振出しに戻りますので18時以降は首里城前まで行かないことを勧めます。

どうしても美しい首里城を写真に収めたい僕と友人は、売店の片づけをしていたおばちゃんに聞きました。

僕友「すみませーん。このへんで首里城がきれいに見える場所あります?」

お「ん?」

僕「このへんで 首里城 きれいに見れる 場所有ります?」

お「え!?」

(こいつ、まじか…)

僕「首里城のライトアップが見れる場所有ったら教えてください」

お「sdhさlぎゅうたいけ!」

耳を澄ましてやっと聞き取れた単語でした。未だに沖縄の言葉は聞き取りにくいです。

 

さっそくGoogleに「ぎゅうたいけ」を聞いたところ、そんな池はないそうです!w

まずい…それっぽい場所を探そう!ってことで見つけたのが

「龍潭池」りゅうたんいけ?と読むのでしょうか?

こちらがライトアップされた首里城を、きれいに撮れる場所だそうです。

首里城坂下通りの途中にある池ですが、併設する公園は池に柵があまりされていないので、夜間の散歩などは充分に気を付けてください。

こちらがその写真。(iPhone6で撮影)

f:id:bluedol1120:20161209082558j:image

f:id:bluedol1120:20161209082605j:image

 

ん~…望遠がほしいですな。

次回はちゃんと機材を揃えて撮影に挑みます。

最後に~金卵~

自分の住んでいる場所には、まだ知らない名所や穴場が多くあるはず。

たまにはそうした場所に足を運ぶのも、新たな発見につながるかもしれません。

 

関連記事

 

tori-senp.hatenablog.com

 

 

tori-senp.hatenablog.com