羽ばたけトリ先輩

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で心理学を学んで人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものを書いています。

今日(1月3日)の沖縄の天気・服装について:しぶんぎ座流星群編

おはようございます。トリです。

お正月三が日が続く沖縄の朝は、少し物静かです。

さて、1月に入り、気候も変わってきましたのでまとめてみましょう。

2017年1月3日の気温

新年あけましておめでとうございます。

1月になると、沖縄は本格的に冬となってきます。

正直12月までは余裕で過ごせるのですが、1月からはそれなりの装備がないと、厳しい日がありますから、気を付けていただきたい。

本日の沖縄の最高気温は摂氏23℃

weather.yahoo.co.jp

 

本州からすれば、当然のように「暖かい」場所なのですが、この時期は曇りが多く、太陽があまり顔を出さないことがあるため、体感温度がぐっと下がります。

正直15℃くらいではないか?と感じます。

湿度は78%

どことなく、肌にひんやり纏わりつくタイプの寒さです。

ちなみに、今年は風が強くないので、震えることは少なそう。

毎年この時期は北風が吹きますので、寒さを倍増させます。

1月頭のオススメ服装

  1. ヒートテック上下
  2. ロンT
  3. 厚手のアウター(裏起毛推奨)
  4. ネックウォーマーまたはマフラー
  5. ニット帽(必要であれば)
  6. デニム
  7. 厚手のソックス
  8. スニーカー

かなり重装備です。

東北から北のかたは、ソックスを薄手にしたり、厚手のニットでアウター無しでも、十分に防御できるとは思いますが、沖縄を南国とおもって来られる通常の場所に住まわれてる方々は、予想以上の寒さに負けてしまうことがありますので注意。

  1. ヒートテック上
  2. シャツ
  3. ニットセーター
  4. 厚手のアウター
  5. マフラー
  6. デニム
  7. 厚手のソックス
  8. シューズ

でも、アリとは思いますが、雨が降ると多少体にこたえるかもしれません。

その他気を付ける事

この時期は曇りが多いですから、雨の降ることを想定に入れた方がいいですね。

濡れたままでは体も冷えてしまいますので、ハンドタオルくらいは鞄に入れておきたいものです。

また、乾燥する時期なので、乾燥肌の方は保湿剤を忘れないように。

とくにヒートテックは乾燥肌に対して痒みを起こす場合がありますので、保湿剤がないと不快なお出かけになります。

しぶんぎ座流星群用の装備

 

headlines.yahoo.co.jp

さて、先日から度々ニュースで取り上げられている「しぶんぎ座流星群」がいよいよ今晩やって来ます。

1時間に約35個の流れ星が見れるそうです。2分に1個。なかなか期待できます。

今晩の沖縄は、予報では晴れだそうなので、充分にこの3大流星群を楽しめるのではないかと期待しています。

では、1月の真夜中に出歩く装備を考えてみましょう。

  1. ヒートテック上下
  2. シャツ
  3. ニットセーター
  4. 厚手のアウター(裏起毛推奨)
  5. マフラー
  6. デニム(暖パン推奨)
  7. 厚手のソックス
  8. スニーカーまたはブーツ
  9. 防寒用毛布
  10. ニット

フル装備で臨んだ方が良いかなと、かなり贅沢な装備を書きましたが、せっかくの流星群。寒さを我慢して観るのは辛いです。

ヒートテックを外して調整が効きますので、あとは個人の采配となりますが、意外と地面が冷えているので、座って観察する方は、防寒用毛布があった方が快適。

旅行の方は寝袋なんかないので、少し大げさな装備が良いかもしれません。

最後に~今日の金卵~

いかがでしたか?

僕は今日仕事の休みがあるので、いよいよ初もうでのチャンスです。

神様は3日も遅れた僕の願いを受け入れてくれるでしょうか?

今日の活動は、装備2で行きたいと思いますが、流星群を見る余裕があれば自宅に戻って装備3にチェンジしたいと思います。

 

おすすめ関連記事

 

www.torisen-p.com

 

www.torisen-p.com