羽ばたけトリ先輩

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で行動心理学を学んでいてます。人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものや、雑記的な内容を書いています。

年収250万の男の一人暮らしをブログに書き出してみたら正直今後どうしようか迷い始めた。

こんばんはトリです。

10月も終わりに近づこうとしている矢先に、まさかの台風2連発ときたもんです。

 

夏に来なかったのになんで秋に来るかね……ちなみに、毎回台風が来ると季節がガラッと変わりますので、今回は秋は無さそうです。

 

週末の台風直撃で沖縄は冬に突入するでしょう。

 

沖縄に来る修学旅行生たちは暖かい服装で来ないと後悔するぞ!

 年収を計算してみた

f:id:bluedol1120:20161109010549p:plain

今年で30歳を迎えるので、色々考える事も有り年収をざっくり計算してみました。

本当は12月~1月に貰える源泉徴収を確認すればすぐわかるのですが、まぁ概算ってやつです。

 

僕の場合

総支給額18万円×12か月+賞与年2回(夏1.0冬1.0)=252万円

 

年間に貰っているお金の概算が252万円でした。

意外と貰っているのか、はたまた貰っていないのか正直よく分かりません。

うちの兄も、これくらいだそうなので年収としたら「よくある額」なんでしょうか

 

ちなみに「年収」には月額10万円以下の交通費は含まれないのだとか。

だとすると、この見積もりからもう少し少なくなる計算ですねぇ。

年収250万の一人暮らし

さて「よくある額」の年収250万円層の人間はどんな暮らしをしているのか。

先ずは僕のデータ

  • 年齢:29歳
  • 性別:男
  • 勤続:10年
  • 最終学歴:短大・専門卒業
  • 酒:飲まない
  • タバコ:吸わない
  • ギャンブル:パチスロ(月3)
  • 趣味:写真・動画撮影

こんなもんでしょうか。

住まい

現在、家賃が42000円の物件に住んでいます。

スペックは以下の通り

  • 1ルーム
  • 風呂トイレ別
  • 駐車場1台
  • ネット付き
  • 新築

決して高くない給料から新築に住めるのは、少し無理をしているからですが住まいは生活の基本拠点になるので、DIYなどの特技が無い方はある程度出費した方が良いのかなと思います。

 

現在住んでいる物件で、ここが辛いというのが

駐車場が敷地内にない

ということ。

栄えている街に住む場合は「あるある」みたいですが、物件探しは駐車場が敷地内にあるものを探すことをお勧めします。

 

ちなみに家賃を支払える額は支給額の1/3くらいが良いらしいですが、ここに電気代やガス代、水道代を考えると家賃だけで1/3にしてしまうと、少し生活が苦しくなります。

服は、沖縄県特有のTシャツ短パンがあればOKで助かってます。

本州に住んでいる方に比べ、服に出費する頻度が非常に少ないのは事実。

 

実際この1年で買った服は2着です。

 

沖縄はガソリン代が本州に比べ若干ですが安く抑えられます。

特に、沖縄県北部の美ら海水族館近く。

本部警察署の前のセルフ給油所では、一番安いときで110円/1Lを切っていました。

 

現在使用している車は軽自動車です。

車検が高くなると厳しいです。

保険

念のため保険には入ってます。

出費抑えて保険には入った方が良いです。

 

保険にも様々な種類があるのですが、なんでもかんでも入ればいい ってわけではなく、自分の家系の病歴を考えて選ぶのが良いかと思います。

 

僕の家系の場合、母方父方に「癌」が非常に多いので、おそらく僕にも癌になり易い素質があると考えています。

 

そのため、僕は2つ癌保険に加入しています。

これも結構な出費ですが致し方ない。

趣味

趣味は写真撮影。

始めたころはフィルム撮影でしたが、現在はデジタルに切り替えたのでパソコン内でデータとして保管していますからコストは初期投資のみで済みました。

 

ゲームなどは新しいものがほしくなるので、僕の給料からするとあまりコスト面で負担がかかるものは難しい。

 

でも20代の時にやってたパチスロが月3回(最近減りました)

これは早急に0にしなくては。

引退宣言します。

 

写真の趣味は結構楽しめているので、年収250万でも趣味を持つことはできますね。

外食

月に5回ほど、外食をして残りは会社の従業員食堂を利用します。

就職する会社に食堂が付いているのであれば、有効活用する方がいいですね。

 

後輩を誘っての外食は、収入も考えると全額出せないのが申し訳ないですが少しは大目に負担します。

 

ごくまれに手持ちのお金が多いときは焼き肉なんかも楽しめますが、月2回焼き肉は厳しい感じがしますね。

交際費

友人との飲み会は月2回が限度です。

ほんと

 

限界です。

 

なので、夜は極力家に居ます。

 

遊びに行く場合はお金のかからない海か山。

沖縄県に関してはどこに行ってもこれだけはあるので、重宝します。

貯金

月々1万円の積み立てに加えて、ボーナスを貯金します。

ただ、友人の結婚や何か急に出費が必要となったとき、ここから使うしかないのが現状ですから、あって無い様な貯金ですね。

 

結果、貯金は僕のお金の使い方ではできない!

こりゃ真剣に考えないとえらいことになりそうだ(30歳:男性)

今の気持ち

なんやかんやで、生活できてしまっていますが、貯金はほぼ出来ないのが現実です。

年収を大幅に上げるためには、今の会社で頑張るか転職化の2択となりますね。

正直ブログの収入も知れているので……。

 

最近友人から「家を買った」と電話が来ました。

最終の学歴も同じだし、業界も似たような場所で働いていたのに何処で差がついたのか。

 

この30歳が正直大きな分岐点になることは、間違いないでしょう。

世の中で頑張っている同世代の話も聞いてみたいもんです。

周りの状況

僕の同級生の状況ですが、結婚組と独身組に大きく分かれています。

結婚組

  • 子供1~2人
  • 家の購入者もあり
  • 共働き

独人組

  • 自営業1名
  • 勤続10年数名
  • 無職1名

結婚組と独身組で明らかな差が見え始めて来ました。

独身組の友人からも電話で悩みの相談があり

 

「子供が生まれて大学に行きたいと言われたときに、お金を理由に断らないといけない」

と悩んでいました。

 

まさにその通りですね。

年収を上げる方法を模索して、今後の未来図を描いていかなくてはなりません。

関連記事

www.torisen-p.com