羽ばたけトリ先輩

羽ばたけトリ先輩

沖縄生活10年。独学で行動心理学を学んでいてます。人間関係や動物のしつけなどに応用中なので、そこから感じたものや、雑記的な内容を書いています。

アレルギー性結膜炎は目薬で対処!出張帰りはハウスダストに要注意!

おはよございます。

出張から帰ってきて不運続き!

 

車は当てる

忙しく部屋はゴミだらけ

やらないといけないことが次々

 

そして

アレルギー性結膜炎になる。

 

これが一番きつい。

出張帰りのサラリーマンの皆さん、これから話す話しは皆さんの身に起きるかもしれませんので、ぜひ参考に!

 結膜炎とは

f:id:bluedol1120:20180220132133j:plain

今回り患した「結膜炎」は、目の結膜(眼球と瞼をつなぐ薄い膜)に炎症を起こす病気となります。

 

この結膜炎にはいくつかの種類があるので、簡単に説明させていただきます。

他人に感染してしまう恐れのある結膜炎

  1. ウィルス性結膜炎
  2. 流行性結膜炎
  3. クラミジア結膜炎

これらの結膜炎は「ウィルス」または「細菌」によって引き起こされるタイプの結膜炎です。

 

とくに2の流行性結膜炎の原因となる「アデノウィルス」は感染力が非常に強いので、り患した場合は、周囲に感染をさせないよう十分な配慮が必要となります。

 

例えば、学生さんであれば登校しないなどです。

小学校の先生をしている友人の話によると、このタイプの結膜炎が流行し学級閉鎖になったケースもあるそうです。

 

f:id:bluedol1120:20180220132401j:plain

他人に感染しない結膜炎

  1. アレルギー性結膜炎
  2. 春季カタル

これらのタイプの結膜炎は「アレルギー反応」によって引き起こされる結膜炎であり、他人に感染することはありません。

 

私がり患したのは1のアレルギー性結膜炎ですが、2の春季カタルは子供がよく罹るらしいので、お子様がいらっしゃるご家庭では、目の異変があれば病院で点眼薬を貰った方がいいですね。

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギー反応を起こす「アレルゲン」が原因となり、結膜に炎症を起こします。

 

私の場合、出張後時間がない事を言い訳に、数か月洗えてなかった布団で寝たことでハウスダストによるアレルギー反応が起き、アレルギー性結膜炎となりました。

対策

出張や長期的な旅行で家を空けた結果、アレルギー性結膜炎を発症。

こうしたケースは誰にでも起きる可能性があります。

  1. 帰宅後の換気
  2. 布団は最低でも掃除機を1回かけて使う
  3. 天気が良ければ日干し

 

もし、今回発症する前に以上のことをしていたら、防げたのではないかと考えています。

ハンディータイプの掃除機などがあれば、手軽で便利ですね。

発症後の対処

f:id:bluedol1120:20180220132233j:plain

  • 目ヤニがひどい
  • まぶたの裏が真っ赤
  • 強い痒み
  • 涙が止まらない
  • 目のゴロツキ

 

こうした症状が家を空けたあと、ご自宅で発生した場合は結膜炎の可能性がでてきます。

 

可能であれば、早い段階で眼科に行き専門医に検査をしてもらえたらいいのですが、タイミングが合わないなどの理由で病院に行けない場合(今回の私)今回の失敗から以下のことを気を付けれたらと思います。

 

  • 目は強くこすらず、清潔なハンカチやタオルを使う。
  • 目ヤニなどは流水で流す。
  • 早い段階で換気と掃除、布団の掃除機かけを行う。
  • 社会人は上司に相談し、感染する病気である可能性を伝える。
  • 点眼薬は決まった時間に使う。

こうした事を気を付ければ、少なくとも車を運転して病院に行くくらいの視界は確保できると感じました。

 

非常に強い痒みなので、目を手で擦ってしまいがちですが、状態が悪化しました。

なので、ハンカチやタオルで抑えるように対処が良いと感じます。

 

目ヤニは無限に出ます。ですが、擦って無理に取ろうとすると炎症が悪化しました。

流水である程度流し、どうしても取れない場合は市販されているノンアルコールのティッシュなどでふき取りましょう。

会社の上司に連絡すれば、感染の危険性を理解してくれる上司であれば、早い段階で病院に行ける可能性があります。

私の上司も、そうした判断で通院させてくれました。

 アレルギー性結膜炎の点眼薬

f:id:bluedol1120:20180220132327j:plain

今回使用した点眼薬は以下の通りです。

  1. レボカバスチン点眼液(最後に0.025%)
  2. レボフロキサシン点眼液
  3. フルオロメトロン点眼薬

 

1は結膜炎のアレルギー反応を抑制するため、1日4回(6時間おき)

2は抗生物質(1日4回 多用しても効果なしなので時間厳守)

3はステロイド剤(ひどい痒みを抑える点眼薬 強力)

 

この3種の点眼で、日常生活をまともに送ることが出来るほど症状は改善しました。

具体的には

  • 痒みが止まる
  • 涙の量が正常化
  • 目ヤニが無くなる
  • まぶたの腫れが正常化

といった具合です。

 

しかし、症状が治まったとはいえ点眼を急にやめることはできませんので、症状が改善し1週間ほどたった後、再度通院を検討しています。

 

最後に

目の病気は生活において影響が非常に大きいと実感した出来事でした。

特に車の運転は恐怖です。

しょっちゅうコンビニで休憩し、目を洗い視界を取り返さないと事故につながりますね。

何か異変を感じた場合は、速やかに眼科に行くことを強くお勧めします。